合唱では各個人が満足に歌えるようになった後に全体でしっかりとした合唱になるように練習する必要があります。まずはパートごとで音が揃うように練習します。

 パート単位で音色が揃うように練習する効率の良い方法は2人1組で向かい合って歌うことです。向かい合った相手と合唱で必要になる「リズム」「音程」「言葉」「呼吸」がしっかりと連携できるように注意して練習しましょう。この練習によって自分一人で歌うときとは異なり、跳躍する呼吸は発音などのタイミングを合わせて歌うということが意識できるようになることでしょう。

 2人1組では相手の声を聞きながら歌うことができます。パート単位での練習よりも個人差のある音色が意識できることでしょう。徐々に人数を増やしていき最終的にはパート全員で呼吸などの連携が取れるようになるまで練習します。

 パートごとの連携が取れるようになったら、次に行うべきは全体での練習でしょう。ここまでの個人練習やパート練習はすべて全体で歌うための足がかりとなるものです。普段の練習の最後には僅かな時間でも構わないので、指揮者や伴奏者もあわせて全体での練習を行うようにすると良いでしょう。全体練習の内容と進行方法は指揮者が支持することが一般的です。

 個人の音取り練習や集団でのパート練習はあくまで全体合唱を美しくきれいに仕上げるためのステップとして有効です。毎日の地道な努力が全体での美しいハーモニーに直結しますから、例えば移動中にイヤホンで聞くとか、オフロに入っている時に歌ってみるとか様々な方法で練習して見ると良いでしょう。